フォークダンスの思いでは子供の時のことしかありません。

中学生の頃運動会でフォークダンスを踊りました。そのことぐらいしか思い出には残っていません。

TOPICS

フォークダンスの思いでは子供の時のことしかありません。

フォークダンスの思いでは子供の時のことしかありません。 順番を待っていると好きな子が目の前に迫ってきて手を繋げることを心待ちにしていると、突然曲が終わってしまったと言う事も結構ありました。フォークダンスを踊ってのは中学校の運動会以来です。既に40年近く経っています。でもその当時の菅家苦杯までも忘れることはありません。フォークダンスも何種類かのモノが有り、それを一生懸命練習したと言えます。お蔵ふぉまみきさだけではありません。前で指導をしている人を見ているととてもうらやましい感じがしました。その当時は大変純情だだったと言えます。手を握れるだけで有頂天担っていました。いまの自分からは想像も出来ません。本当に清秋まっしぐらと言う感じです。

その当時は屋上の上で花いちもんめをクラス中でしたこともありました。これもその頃の思い出としてはとても懐かしいモノです。フォークダンス以上に気軽な遊びだったと言えます。先日も自治会の盆踊り大会がありましたが、その中でもお蔵ふぉまみきさなどは行われませんでした。子供向けのダンスが基本になっていたからです。小さな子供を持つ母親などは結構な人数で踊っていいましたが、年寄りは殆ど踊っていなかったと言えます。やはりこんな時にも若さって良いなと感じました。僕などのとしてでは中々気持ちはあっても踊れないモノです。来年には参加もしないと思います。

Copyright (C)2014フォークダンスの思いでは子供の時のことしかありません。.All rights reserved.